競馬全般について語りましょう。もちろん、予想もOKですよ。

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
春競馬(もう真夏のような熊本地方ですが)のG1も残る宝塚記念で幕。
的中もなく、ただ大荒れの結果を恨めしく思うだけの結果に終わりそうです。

東京11Rブリリアントステークス
◎6シャーベットトーン
○2マイネルボウノット
▲9オリビアンナイト
△7ボンネビルレコード
△5メイショウシャフト   3連複 6・2→9・7・5

さて、明日の福山競馬メインレースは、今や消え行きつつあるアラブの
全国交流重賞『タマツバキ記念』があります。今回で最後になるそうです。

金沢、愛知、高知、荒尾から各1頭ずつ、地元福山から6頭の計10頭で争われます。

タマツバキは、敗戦直後の昭和20年代前半に活躍した中央競馬所属アラブで,
斤量83キロを背負っても勝ったという伝説の名馬だそうです。
タマツバキ記念は,もとは中央競馬のアラブ重賞で昭和30年に創設された伝統あるレース。
中央競馬がアラブ廃止にしたため、地方競馬が引き継いだ形になりました。
しかし、地方競馬でもアラブが減少し出走馬は同じ顔ぶれです。
時代の流れでしょうね。

私の記憶に残る1頭のアラブ、それは『アラブの魔女』と呼ばれたイナリトウザイです。
サラブレッドオープンクラスのレースで
3連勝(うち1レースはレコードタイム)するなど大活躍した馬です。
中央から大井に移籍したあとも活躍し、中央12戦7勝 地方7戦6勝の成績を残しました。
今から33,4年前のお話でした。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://horse2006.blog57.fc2.com/tb.php/135-80c52390
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。