競馬全般について語りましょう。もちろん、予想もOKですよ。

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんにちは。
ここ1週間、体力と肝臓を使いすぎて少々バテ気味です。
でも、競馬になると元気が出てくるのが不思議。
まあ、競馬にも意欲を失くしたら完璧なオシマイになるでしょう。

出てきましたねえ、フレンチデピュティ関係馬が!
ここは迷わずレジネッタを本命に。
しかし、対抗には牝馬にいい仔を出しているように思えるフジキセキの仔エフティマイア。
あとはやはりフレンチ産駒メイショウベルーガと
フレンチを父に持つクロフネの仔、話題の白毛馬ユキチャン。
6歳ではありますが距離・展開から期待できそうなヤマニンメルベイユ。

北海道新聞杯クイーンステークス
◎ 8 レジネッタ
○ 2 エフティマイア
▲14 メイショウベルーガ
△ 9 ユキチャン
△ 4 ヤマニンメルベイユ    3連複 8・2 ⇒ 14・9・4


8月15日は、オフ会&G3サマーチャンピオンということで佐賀競馬場へ。
その日、競馬場は激しい雨とカミナリに見舞われ馬場は川状態です。
「次のレースは1750m自由形」とはオフ会幹事、月明かりさんのお言葉。
騎手も馬も、そして競馬関係者のみなさんも大変でしょうね。

ところが、日頃の行いがいいのか(誰が?)
サマチャンの時間になると陽が差すほどに回復し、
目の前でレースを観ることができました。

中央のヴァンクルタテヤマ、ダンツキッスイ、サイレントディール、イイデケンシン
名古屋のキングスゾーン、マチカネモエギ、笠松のマルヨスポット
高知のスペシャリスト、荒尾からはカシノバズライト
そして地元佐賀からオリオンザクロノス、ザオリンポスマン、シルクエレメント
の計12頭によって争われたサマーチャンピオン。

レースは終始先頭を走った佐賀の倉富騎手の1番人気ヴァンクルタテヤマが
2番人気ダンツキッスイ(藤田伸)に4馬身の差をつけレコード勝ちしました。
3着にはキングスゾーン(安部幸)が入り、
地元勢ではオリオンザクロノス(鮫島克)が4着と健闘しました。
果敢にも荒尾から挑戦したカシノバズライト(林陽介)は10着、
3番人気の福永祐騎乗イイデケンシンはなんと最下位という結果でした。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
こんにちわ。
レジネッタは休み明けで目標はまだ先と考えて本命にはしませんでしたが、実績は間違いなく本命候補ですね。
メイショウは怖いですね。
2008/08/17(日) 12:31 | URL | お宝 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://horse2006.blog57.fc2.com/tb.php/212-bf6766de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。